中野区中野の眼科|ふくおか眼科クリニック 中野

東京都中野区中野5-67-5 SKGT長谷部 2階,4階|中野駅北口徒歩3分/中野駅北口バス停徒歩1分

飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症とは、モノを見ているときに小さなな糸くずや虫のような浮遊物が動いて見える状態のことです。
浮遊物の大きさや形状、数はさまざまであり、浮遊物は目線の動きに合わせてついてきます。
最初は鬱陶しさを感じ、気になりますが、徐々にその見え方に慣れてくる場合が多いようです。
さまざまな年齢層の方に起こりえますが、中でもご高齢の方や近視が強い方は症状を自覚しやすい傾向にあります。

飛蚊症

飛蚊症の正体は硝子体の濁り

飛蚊症の正体は硝子体内の濁りです。眼球の内側には硝子体という組織があり、その大半は無色透明のゼリー状の物質で満たされています。人はモノを見るとき、モノの形や色を光として捉えます。光が角膜、水晶体(カメラでいうレンズに該当する部分)を通して、硝子体を経由し、網膜上に像を結ぶことによって画像として映し出されます。その映し出された画像情報が適切に脳に伝達されることによって、私たちはモノが見えていると感じることができます。本来透明である硝子体は、加齢などの原因により徐々に濁りが生じます。その濁りが網膜に影を落とすことによって、糸くずや虫、たばこの煙のような繊維状の浮遊物が目の前を飛んでいるように見えるというわけです。

飛蚊症の原因

眼球内の大部分は硝子体というゼリー状の物質で満たされており、明るいところでモノを見た際に硝子体内にできた濁りの影が網膜(カメラのフィルムに該当する部分)に映ることによって糸くずや虫のような浮遊物が飛んでいるように見えることがあります。これが飛蚊症です。飛蚊症には、加齢などによる生理的(病気ではない)な原因によるものと網膜剥離や網膜裂孔などの病的な原因によるものの2種類があります。

生理的な原因による飛蚊症

加齢による飛蚊症(硝子体混濁)

生理的な原因による飛蚊症

通常硝子体の組成はゼリー状の物質ですが、20歳ごろを過ぎてから硝子体は徐々に濁っていきます(硝子体混濁)。
目に光が入ってきた際にこの濁りが網膜上に影を落とすことによって飛蚊症を感じます。

飛蚊症の多くは放置しても問題ないが、中には重大な病気が隠れていることもある!

飛蚊症の多くは生理的な原因によるものでほっておいても心配ありませんが、中には網膜剥離網膜裂孔眼底出血など放置すると失明に繋がるような重大な目の病気の前兆として飛蚊症が現れることがあります。いずれも早期に適切な治療を行わなければ、視力に大きな影響をもたらす場合があるので、症状が認められた際には早めに眼科を受診することをおすすめします。

病的な原因による飛蚊症

飛蚊症の9割以上が生理的な原因によるものですが、時として怖い目の病気のサインとして飛蚊症が現れる場合があります。
下記が飛蚊症を起こす代表的な目の病気になります。

網膜裂孔・網膜剥離

病的な原因による飛蚊症

眼底には神経で構成された膜が張っており、これを網膜といいます。カメラに例えるとフィルムの役割を果たし、光を感じ取る組織です。この網膜に穴が空いたり、裂け目ができた状態を網膜裂孔といい、網膜裂孔が進行すると網膜が眼球の壁から剥がれた状態である網膜剥離に繋がります。網膜裂孔では、初期症状として飛蚊症の症状が出ることがあります。網膜剥離になると、視野欠損(視界のうち、見えない部分が出現する)を伴い、視細胞が密集する網膜の中心部である黄斑部まで達すると急激な視力低下をきたします。網膜剥離では、放置すると失明にいたるため、この場合早期の治療が必要となります。

強度近視

強度近視の方は、眼球の長さ(奥行き)が長いため、網膜や脈絡膜が後方に引き延ばされるような形になるため、負荷が大きく、近視のない方と比べて眼底にさまざまな以上を生じやすくなります。網膜に負荷がかかることによって部分的に薄く変性した箇所が生まれ、後部硝子体剥離に伴い、網膜裂孔や網膜剥離になりやすい状態にあると言えます。

硝子体出血

硝子体自体は血管を持たない組織ですが、高血圧や糖尿病、外傷などによって眼底で出血が起こると、硝子体内に血液が溜まってしまうことがあります。これを硝子体出血といいます。出血しても自然吸収されていくことが殆どですが、上手く吸収されないと血液が光を遮ってしまい、光が眼底に届かず、飛蚊症を自覚することがあります。

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは、虹彩(こうさい:瞳孔の大きさを調整する)、毛様体(もうようたい:水晶体の厚みを調整し、ピント調整を行う)、脈絡膜(みゃくらくまく:網膜に栄養を届ける)から成り、血管がたくさん通る重要な組織です。このぶどう膜やその周辺組織に炎症を起こした状態をぶどう膜炎といいます。ぶどう膜炎も網膜剥離などと同様、失明に至ることも多い病気の1つです。ぶどう膜に細菌やウイルスが侵入し、炎症が起こると、硝子体内にも混濁を生じる場合があり、飛蚊症を自覚します。炎症がひどくなると浮遊物が増加し、視力低下をきたします。

飛蚊症の治療

生理的なものが原因となる生理的飛蚊症は、特に治療の必要はありません。ただし、前述のように確率は低いものの飛蚊症が他の目の病気を兆候として現れることがあります。飛蚊症を初期症状とする目の病気は、重大な病気である可能性が高く、いずれも早期の治療が鍵となります。目の病気が原因となる飛蚊症では、元疾患に対する治療が必要となります。

網膜裂孔の場合には、網膜光凝固術というレーザー治療で特定の波長のレーザーを網膜に照射することにより、網膜を凝固させて病気の進行を抑えることができます。あくまで治療は進行を食い止めるためのものであり、元の状態に戻すことはできませんが、重篤な病気になる可能性の高い網膜硝子体疾患に対しては、有効的な治療といえます。治療は外来で行うことができます。

網膜裂孔が進行し、網膜剥離に繋がった場合には、治療の選択肢は手術(網膜硝子体手術)のみとなります。

いずれにせよ飛蚊症の症状を自覚した場合には、飛蚊症の原因を特定する必要があるため、速やかに眼科を受診するようにしてください。

記事監修 眼科医 福岡 佐知子
日本眼科学会認定 眼科専門医
眼科専門病院で17年間勤め、眼科医療の最前線で幅広い専門分野、年齢層の手術に対して多数の執刀実績を持ちます。難症例や合併症を含む白内障手術から眼科手術で最も難しい手術とされる網膜硝子体手術を得意としています。また、国内で眼科医にレーシックやICLの技術的指導を行うインストラクターとしても活動をしています。

診療時間 日・祝
9:30〜13:00
15:30〜19:00 手術

休診日 火曜・土曜午後・日曜・祝日 
※受付時間は午前12:30まで/午後18:30まで
※初めてのコンタクトご希望の方は午前12:00まで/午後18:00まで

クリニック名
ふくおか眼科クリニック 中野
所在地
〒164-0001
東京都中野区中野5-67-5 SKGT長谷部 2階,4階
アクセス
中野駅北口徒歩3分
中野駅北口バス停徒歩1分

Contactお問い合わせはこちら

当院では予約優先制を導入しております。
ご予約のない方も診察を承っておりますが、お待ちいただく場合が御座います。
ご理解をいただけますと幸いです。
ご予約をご希望の方はお電話、WEB予約からご予約をお取りください。